本文へスキップ

落語会の喜六

おかげさまでたくさんの落語会を定期的に開催させていただいています。

新しい噺に取り組んでいくのも挑戦ですが、
やり慣れた噺をもう一度別の視点から見つめ直すことも、挑戦だと思います。
新たな挑戦を続けていくために、これまでの足跡を振り返ります。


ギャラリー


「たんたん落語会」

平成3年に但丹落語五人会を結成して以来の落語会です。
第1回は生野町での旗揚げ公演でしたが、現在は和田山町のジュピターホールで、年2回のペースで続けています。この会では、丹馬はいつもネタおろし。

豊岡市民プラザ寄席
 「ふれ愛亭」

平成18年に豊岡市民プラザからお声掛けをいただいて始まった落語会です。スタッフのみなさんのご支援のお蔭で毎回たくさんのお客様にご来場いただいています。
1月と7月、年2回のペースで続けています。

「春歌亭丹馬と
 その仲間たちの落語会」

学生時代からの落語仲間、地域の落語仲間、高校落語研究会の教え子、そして、全国大会で知り合った遠くの落語仲間、…いろんな出会いを大切にしたい。
そんな思いから平成13年に始め、年1回のペースで開催しています。

「落語inおおや!
    全国素人名人会」

全国には素晴らしいアマチュア落語家がたくさんおられます。この方たちをお招きして、地元の皆さんに紹介し、交流を深めたいという丹馬の思いを、大屋町の皆さんが実現してくださいました。平成19年から年1回、夏の開催です。

     

「八鹿病院寄席」

八鹿病院に入院されている方から、病院の意見箱に「病院で落語を聴きたい」という声が届けられ、それがきっかけで、平成17年に始まりました。原則として、奇数月の第2日曜に開催しています。笑いは健康の源です。笑って元気に!

いずし落語笑学校
 永楽寄席「わいわい亭」

「出石の街を元気にしよう!」を合言葉に、平成23年、いずし落語笑学校がスタートしました。近畿で最も古い芝居小屋・永楽館がホームグランドという贅沢な落語教室です。
尼乃家河鹿さんとともにと丹馬が講師をつとめています。

「さんあい亭
 落語全国素人名人会」

三木市の市民活動センターで市民の文化交流「さんあい亭」が開催されています。その「さんあい亭」の8月の催しは平成20年から「落語全国素人名人会」ということになりました。全国のトップレベルのアマ落語家が出演します。

「来夢新亭寄席」
 

豊岡市日高町の日高文化体育館で、NPO法人日高コミュニティが年1回、開催してくださる「来夢新亭(こみゅにてぃ)寄席」。たんたん落語会とたんたん落語笑年団のメンバーが出演しています。平成25年から始まりました。


kiroku-komyunitei.htmlへのリンク

○○○○○○○○のホームページ